【ドットコムニュース】主婦の為のお得情報サイト

【おかん調べる】『保湿ティッシュ』って何故ずっと湿ってる?舐めるとなぜ甘い? いいねいいねドットコム | 地域スーパー情報サイト
インスタグラム フェイスブック ライン ツイッター
お問い合わせ
会社概要 活動報告
【東部大阪エリア】主婦の為のお得情報サイト
ドットコムニュース 
2021年07月17日

【おかん調べる】『保湿ティッシュ』って何故ずっと湿ってる?舐めるとなぜ甘い?

花粉や風邪の時期に重宝する

ちょっとお高い『保湿ティッシュ』

普通のティッシュやウェットティッシュと何がどう違うのか、おかん調べてみました。



そもそも保湿ティッシュは

1993年に世界で初めて河野製紙株式会社が開発・販売したのがはじまりです。

日本の技術やはりすごい!


保湿ティッシュは通常のティッシュに比べて2倍の水分を含みます。

では、何故ウエットティッシュのように長時間空気に晒されていても乾燥しないのか。


ウエットティッシュはアルコールなどの水溶液を含ませているので、時間が経つと気化して乾いてしまいます。

保湿ティッシュには化粧品や食品に使われている「保湿剤」のグリセリンやソルビットが含まれており、

それらは空気中の水分を適度に取り込み水分を保持する働きをするからなのです。


ですがそれでも空気が乾燥しすぎると保湿ティッシュも乾いてしまいます。

その場合、お風呂場など湿気の多いところに置いておくとしっとり感が復活するそうです。

逆に湿気が多い場所に置いておくとしっとりしすぎてしまうんだそうです。


そしてなぜ、保湿ティッシュは舐めると「甘い」と感じるのか。

これもまた、保湿剤として使用されているグリセリンやソルビット食用の場合甘味料として

添加される場合があり、それが甘いと感じる原因なのです。

ですが保湿ティッシュはあくまでも食品ではありませんので、口にいれることのないように・・・

おすすめ記事